看護師の転職におすすめの時期やタイミングって?

看護師の転職におすすめの時期やタイミングって?

看護師の転職におすすめの時期やタイミングって?

「希望を満たす求人があれば、いつでも転職したい」と考えている看護師さんは少なくありません。多くの方は常に“転職”という選択肢を意識しつつも、日々の業務に追われてなかなか行動に移せない現状があります。
また、今の職場に何らかの不満があり、転職をしたいと考えている方もいます。

しかし「タイミングをつかめない」「今転職してうまくいくのか、もう少し経験を積んでからの方が有利なのか」など、転職のタイミングがわからずにもやもやとしている看護師さんが多くいるのも確かです。
転職を成功させるためには、自分のタイミングだけでなく、大きく変動する求人の数を考慮したうえで考えていく必要があります。

転職の時期やタイミングを間違えてしまうと…

求人が限られていて、自分の条件に合った仕事が見つからない!

4月~5月は比較的求人が少ない時期です。
病院側は看護師を採用する際、できればキリのいい4月初めから入職してもらいたいはずです。そのため、4月入職を目指す1月~3月の間がもっとも転職活動が盛んになる時期なのです。
そんななか、4月に入ってから求人が出るというのは、4月入職予定だった看護師が急きょキャンセルしたなどの理由が考えられます。このような場合、病院側は早急に看護師を採用して欠員を補充したい意向が強いので、この時期はスピーディーに転職が決まる可能性があります。
一方で、少ない求人のなかでは選択肢が広がらず、自分の条件に合った仕事が見つからない可能性が高いです。

繁忙期に転職すると、仕事に着いて行くことができず苦労することも…

転職先が決まった看護師さんは、就業規則で定められた時期に退職の申し出をしなければなりません。
しかし早めに申し出たとしても、転職時期が繁忙期に重なってしまえば元いた職場に迷惑をかけることになります。
新しい職場でも指導してもらえるどころか、足手まといになってしまう可能性も否めません。
転職時期はなるべく繁忙期に重ならないよう、できるだけ余裕をもって転職活動を始めると安心です。転職先に入職時期を遅らせてもらうよう交渉した方が良い場合もあります。

受け取れるはずだった賞与(ボーナス)が減額され、損をする!

転職のタイミングとしては、ボーナスを受けとった後でも可能です。できることなら、お得に転職したいですよね。
今まで働いた成果のご褒美ですから、これから転職する人も、これまでの自分の働きの成果をもらっていいのです。半年に一度ボーナスが支給されるなら、半年の成果になります。
ポイントとしては、退職はボーナスを受け取ってすぐではなく、1ヶ月以上経過してからにすること。そうすることで「あの人ボーナス貰ってやめるのね」なんて人間関係のトラブルもなく、円満退職できるようになります。

看護師の転職におすすめの時期やタイミング【TOP3】

1.夏と冬の賞与(ボーナス)を受け取った後

上記にもあるように、ボーナス後には退職する看護師が集中します。
この時期は逆に好条件の転職先が見つけにくいのでは?と心配になりますが、そんなことはありません。やはり求人の多い時期は選択肢が広がるので、転職先が選びやすいというメリットがあります。
看護師専門の求人サイトを通じて、登録者だけに公開されている「非公開求人」に応募すれば、応募者もぐっと少なくなり採用される可能性が高くなります。

2.人事異動や転職の多い9月

看護師さんが中途採用で病院に入職するなら、年度初めの4月よりも9月の方が良いこともあります。
4月は新卒看護師の採用が多く、病院側も新人研修で手いっぱいになってしまいます。4月には移動などもありますから、中途採用の看護師の研修にまで手が回らないことも多いのです。
9月入社なら中途採用の同期入職看護師がいる可能性も高く、充実した研修も期待できます。

3.病院の採用意欲が高い4月

4月は転職する看護師がもっとも増える時期です。4月入職を狙って12月頃から動いている看護師もいます。
2月には迷っていた看護師も動き始めますので、年始には求職者が一気に増えます。
ただし、新卒の看護師が大量採用されることや、転職の競争相手が多い時期なので、おすすめ度は3位です。
条件の良い求人は早い者勝ちですから、迷っている間にほかの看護師の採用が決まってしまうこともあります。特に目につくところに公開されている求人は、すでに応募の締め切りになっていることもありますから注意しましょう。

転職活動にはどのくらいの時間が必要?

転職市場が活発な時:1〜1.5ヶ月間

求職者が集中する時期は、求人の数も一気に増えます。そのため、良い求人は早いもの勝ちとなるので、だいたい1~1.5ヶ月を目安に転職活動をするようにしましょう。
首都圏の有名な病院などは1回で100通以上の応募があるため、書類選考に2~3週間程度を要します。そのため、ただ返事を待っているのではなく、複数の病院へ応募するようにしましょう。

転職市場が落ち着いている時:2〜3ヶ月間

逆に市場が落ち着き始める4・5・8・12月は、急がずじっくりと求人情報を見比べたいところ。そのため、2~3ヶ月を目安に転職活動を進めるようにしましょう。
また、採用試験までにも時間的な余裕がありますから、面接対策をしっかり行うことができるというメリットもあります。
なお3ヶ月前に師長に退職することを申し出れば、師長に引き止められることはあっても。そこまで強く引き止められる心配はありません。3ヶ月あればシフトの調整ができますし、代わりの看護師さんを採用する時間的な余裕があるからです。

不安な人は、看護師専門の転職コンサルタントに相談してみよう!

入職の時期を決めたら、上記を参考に逆算をして、転職のタイミングを見つけましょう。その際、初めて転職する人や、突然の転職を迫られている方などは、タイミングを見計らいづらいかもしれません。
そんな時は、看護師専門の求人サイトの「転職コンサルタント」に相談をしてみましょう。転職コンサルタントは看護師業界をよく知る転職のプロなので、イレギュラーなケースにもしっかり対応し、答えを導き出してくれます。すべて無料で使えるサービスなので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

悩みや条件から看護師のバイト・派遣の仕事を探す