未経験OKの看護師の求人はあるの?

未経験OKの看護師の求人はあるの?

最近、未経験者歓迎と書かれている求人が増えています。看護師は看護学校を卒業すると、そのまま病院などの医療施設に勤めます。
一方で「免許はとったけど別の企業に就職した」「結婚・出産などがあって短期間しか働けなかった」といった事情で、看護師経験未経験とされるケースがあります。それでも“看護師として働きたい”と思ったときに、おすすめなのが未経験者歓迎の求人です。

看護師「未経験」と評価される3つのケース

未経験の人が看護師として働く場合、一般の求人では断られてしまう場合もあります。自分の経験年数やスキル、病院側のニーズなどをよく確認するようにしましょう。

1.経験年数(勤続年数)が3年未満の場合

転職、復職をする際、求人先が「勤続年数3年以上」という条件を出しているケースがあります。この判断には「看護師としての基礎ができるのが3年程度」や「そのくらいの経験がないと戦力にならない」といった考え方があることが多く、経験3年未満の新人看護師が転職しようとした場合、履歴書の段階で落とされる可能性があります。
しかし「3年以上」という表記が単なる目安であるケースもあります。その場合、経験3年未満の新人看護師でも、状況次第では転職が成功するケースもあります。

2.看護師としての基本的なスキルや知識が不足している場合

医師の介助、医療処置、バイタルチェック、採血などの、知識や技能・経験不足を実感し「看護師に向いていない」と悩んでいる方も少なくありません。特に自分の技術不足によるミスで医療事故になってしまわないかなど精神的プレッシャーは相当なものがあるようです。

未経験であったり1年未満で辞めてしまった場合、その後の再就職については面接に行っても落とされる可能性もあります。対処としては、2度や3度の面接で落とされてもめげずに、“もう一度看護師として頑張りたい”と思う意志をしっかりと持って、何度も面接を受けるしかありません。

3.転職先の職場で求められる人材要件を満たしていない場合

病院の種類によって看護師に求められる知識・経験・技能・実績は異なります。「経験者限定」など求められる条件を満たしていない場合、面接を受けても断られる場合もあります。病棟勤務未経験の人が病棟に転職するケースや、スキルが追い付かない状態で高度医療を扱う職場に転職するケースなど。応募要項はしっかりと確認し、求人先のニーズをしっかり把握することが大切です。不明な点は事前に問い合わせてみると双方のミスマッチを防ぐことができます。

アルバイトは未経験OKの求人も多い

看護師経験未経験の場合であっても、看護師として働くことは可能です。あらかじめ未経験者歓迎と記載のある求人に応募すると間違いありません。
スーパーナースなどの求人サイトでは、未経験者歓迎のほか、週1日4時間~、Wワーク可、ブランク可など、好条件の求人が多数あります。「経験はないけど看護師として働きたい」「プライベートとバランスのとれた働き方がしたい」方などには看護師のアルバイトはおすすめです。

派遣は即戦力の看護師が求める求人が多い

未経験で看護師として働く際、悩むのが派遣とアルバイトのどちらがいいか、ということでしょう。しかし派遣は、欠員の穴埋めとなるため、教育をしなくても即戦力として働くことを求められます。そのため、ある程度はすべて1人でできて判断ができなければ、採用もされづらいという面があります。そのことから、派遣はブランクはあっても経験のある方や、普通に働いている看護師のWワークとなることが多いです。

未経験OK!人気の看護師求人ランキング【TOP3】

1.健康診断や献血カーのアルバイト

健康診断や献血カーのアルバイトは、高度なスキルは必要がなく、献血であれば採血ができればOKという求人がほとんどです。午前のみや午後のみといったように、融通の利く働き方ができるのも1つのメリットです。

2.介護施設など介護系のアルバイト

看護師がアルバイトで働く場合、病院よりも介護関係での募集が多いです。医療行為は少なく、看護ケアよりも看護の側面が多いというのが特徴です。しかし、特別養護老人ホームは身体上や精神に著しい障がいをもっており、要介護度が1~5であると言われた人が利用する施設のため、未経験の方にはおすすめできません。一方、サービス付高齢者向け住宅など民間の施設などは、食堂やデイルームなどで安否確認をしたり、状態を観察したりと、入居している高齢者の生活サポートがメインになります。そのため、初心者の方にもおすすめです。

3.中〜小規模のクリニックのアルバイト

種類としては限っておらず、内科はもちろん、外科、眼科、耳鼻科、メンタルクリニック、その他にもウィメンズクリニックなどがあります。長時間の拘束がなく働きやすいことや、週末はお休みになることが多いので、ライフスタイルの予定も立てやすいです。働く看護師の数も決して多くないので、アットホームに働きたい人にぴったりです。1つの地域で複数のクリニックがあり、慢性的に人手不足のため、バイト先が見つかりやすいといったメリットもあります。仕事内容は、患者さん対応・院内での雑用や、カルテ管理、院内の清掃などがあります。

常勤看護師へ復職が難しくなるデメリットも理解しておこう!

通常、仕事は(一部の役員などを除き)、長時間労働ができる人の方が重要な案件を任されます。その点、非常勤の看護師は労働時間も少ないため、細かい雑務が多くなる傾向があります。そのため、結果的にスキルや知識が低下してしまうこともあります。
そしてアルバイトで働いた期間は、職歴として積み重ならない・軽視される傾向にあります。外部から見るとアルバイトという雇用形態では軽く見られてしまうことも多く、どれほど頑張って働いてもそれを証明することは難しいこともあります。常勤への復職を考えている場合、働き方をよく考えるようにしましょう。

仕事選びに迷ったら、看護師専門の転職コンサルタントに相談しよう!

アルバイトや派遣、常勤など、今の自分にどの働き方が合うのかわからないという方もいるでしょう。そんなときは、看護師専門の転職サイトに登録し、専任の担当者(転職コンサルタント)に相談すると道が開ける可能性が高いです。今のご自身に最適な働き方や、希望に合った求人の提案などもすべて無料でしてくれるので、活用してみるのがおすすめです。

悩みや条件から看護師のバイト・派遣の仕事を探す