派遣看護師とバイト看護師の違いって?

派遣看護師とバイト看護師の違いって?

非常勤看護師の主な働き方として、派遣とバイトの2つがありますが、それぞれの仕事内容や給料にはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、常勤看護師から非常勤看護師へ転職をお考えの方に、派遣看護師とバイト看護師のさまざまな違いについて紹介します。

派遣看護師とバイト看護師の6つの違い

1.雇用主は誰か?

派遣看護師とバイト看護師の大きな違いとして、雇用主の違いがあります。
まず、バイト看護師は常勤看護師と同じように、勤務先(医療機関や介護施設など)に直接雇用されますが、一方で、派遣看護師は人材派遣会社と雇用契約を結んで勤務先に派遣されます。

通常働いている時には、派遣であってもバイトであっても雇用主の違いを感じることはあまりありませんが、例えば勤務先と何かしらのトラブルが発生したとき、派遣看護師であれば間に人材派遣会社が入るため、看護師の負担が少なく交渉を進められるといったメリットがあります。

2.給料(時給)にどのくらいの差があるか?

派遣看護師とバイト看護師は、給料を時給で受け取るという点は同じですが、時給の相場に違いがあります。

具体的には、首都圏の求人の場合、派遣看護師は時給2,000円前後、バイト看護師は時給1,500円前後が相場となっています。

この時給の差は、仕事内容の難易度や雇用期間の長さの違いなどが主な要因であり、そのため、高額の給料を得たい人であれば、派遣看護師を選んだ方が効率的です。

3.手当や福利厚生にどのくらいの差があるか?

一般的に、常勤看護師から非常勤看護師に転職することで、残業手当や住宅補助などの手当の金額が減ったり、院内保育などの福利厚生が手薄くなったりします。

また、派遣看護師の方がバイト看護師よりも手当や福利厚生の面で優遇されていることが多いという傾向もあります。

そのため、派遣看護師やバイト看護師に転職する際には、現在の手当や福利厚生がどのように変化するのか注意して求人を探すことが大切です。
求人の中には手当や福利厚生が一切無いものもありますので注意しましょう。

4.仕事内容の違いは何か?

同じ非常勤看護師である以上、根本的な仕事内容の違いはありません。
しかし、バイト看護師よりも派遣看護師の方が、より専門性の高い求人が多かったり、医療機関の求人が多かったり、夜勤専従やコールセンターなど一部の仕事の求人数に偏りがあったり、という特徴があります。

派遣看護師とバイト看護師の仕事内容を比較して、一概にどちらが良いということはありませんが、様々な求人から自分に合った仕事を見つけたい!という人には、派遣看護師の方が向いています。

5.キャリアとして評価されるか?

「将来的に常勤看護師へ復職したい・復職する可能性がある」「常勤看護師として積み上げてきた看護師としてのキャリアが無くなることを避けたい」という人は、派遣看護師を選ぶことをおすすめします。

もちろん、バイト看護師の経験もキャリアとして一定の評価を受けることができますが、比較的簡単な仕事が多く、看護師としての基本的なスキルや知識が低下してしまう可能性が高いというデメリットがあります。

また、派遣看護師であっても、何度も転職を繰り返していると常勤看護師へ復職が難しくなるケースがありますので、自分のキャリアをしっかりと見据えた上で働き方や仕事を選ぶようにしましょう。

6.単発や短期の仕事ができるか?

単発や短期という働き方は、自分の都合の良いタイミングで必要なお金を稼ぐことができるというメリットがありますが、派遣看護師には原則としてこの働き方が認められていません。

なお、派遣看護師であっても例外的に単発や短期の仕事ができるケースもありますが、条件が厳しく設定されているため、バイト看護師を選ぶ方が現実的です。

派遣とバイト、どっちを選べば良いの?

派遣看護師とバイト看護師の5つの違いを紹介しましたが、実際のところどちらの働き方を選べば良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、それぞれの働き方の特徴や違いから、派遣看護師・バイト看護師それぞれに向いている人を紹介します。

派遣看護師に向いている人

  • キャリア志向が強い人(将来的に常勤看護師へ復職を希望している人など)
  • 高い時給で効率的に稼ぎたいと考えている人
  • 週3〜4日以上、フルタイムで安定的に働くことができる人
  • 夜勤専従やコールセンターなど、派遣看護師ならではの仕事を探している人

派遣看護師は非常勤ではあるものの、バイト看護師よりも常勤看護師に近い働き方や仕事内容となるケースが多いため、育児や介護などやむを得ない理由で転職をお考えの人に向いています。

また、日本における慢性的な看護師不足の問題は依然として残っており、将来的にも改善の見通しは立っていないため、派遣看護師から将来的に常勤看護師に復職することは決して難しいことではありません。

しかし、看護師としてのスキルや知識が低下したり、転職を何度も繰り返したりしていると、常勤看護師へ復職する際にマイナス評価を受けることがあるため注意しましょう。”

バイト看護師に向いている人

  • 仕事よりもプライベートな時間を優先したい人
  • 常勤看護師への復職を希望しない人
  • 短期や単発の仕事を探している人

バイト看護師は、仕事以外の時間を重視して働きたい人に向いています。

看護師としての知識やスキルが低下しやすい・常勤看護師への復職が難しくなりやすいといったデメリットはありますが、バイト看護師として働き続けるということも1つの選択肢です。

看護師としての働き方に迷ったら

常勤看護師として働き続けるか、派遣やバイトなど非常勤看護師へ転職するかどうか、看護師としての働き方に迷う人も多いと思います。

特に、初めて転職をお考えの人であれば、どのような働き方や職場が自分に合っているか、自分のスキルや知識を正当に評価してもらうことができるか、転職後に今と同じ悩みを抱えることはないかなど、様々な不安を感じることもあるでしょう。

このような不安がある人は、看護師専門の転職サイトを使ってみてはいかがでしょうか?無料で登録・利用することができ、プロの転職コンサルタントに仕事や転職の相談をすることができます。

職場の同僚や上司に相談することもできますが、より客観的で的確なアドバイスを求めたい人は是非使ってみてください!
Nursy派遣では、その中でも特に利用者の満足度が高い転職サイトや求人サイトを紹介しています。

悩みや条件から看護師のバイト・派遣の仕事を探す