バイト看護師のデメリット

バイト看護師へ転職するにあたって、「年収が下がるのではないか?」「手当や福利厚生が無くなるのではないか?」「常勤看護師に戻ることができなくなるのではないか?」といったデメリットのイメージが強く、転職をためらっている人は少なくないでしょう。ここでは、バイト看護師のデメリットについて詳しく解説していますので、転職活動のヒントにしてみてください。

本当に大丈夫?バイト看護師のデメリットを知っておこう!

常勤看護師を辞めてバイト看護師に転職を決める前に、バイト看護師に転職するデメリットを正しく理解しておきましょう。デメリットを正しく理解していないと、転職しても結局同じ悩みに苦しむことになったり、転職直後にまた転職してしまったりという結果に繋がりかねません。バイト看護師のメリット・デメリットを比較して、自身のキャリアプランを客観的に検討することが転職成功のコツです!

1.年収や月収が下がるケースがほとんど

バイト看護師に転職する大きなデメリットとして、年収や月収が減少してしまうことが挙げられます。具体的には、バイト看護師にはボーナス(賞与)・各種手当・退職金などが無いケースが多く、常勤看護師と比較して年収が100万円以上下がることもあります。一方で時給に換算すると、常勤もバイトも大差なく、むしろバイトの時給の方が高いケースもありますので、自分が希望する一定の収入が得られれば良いという方であれば、バイト看護師で働くメリットはあるでしょう。

2.手当や福利厚生を期待できない

常勤看護師には、残業手当・夜勤手当・住宅手当などさまざまな手当が手厚く用意されており、年収を下支えする要因となっています。具体的には、夜勤の多い病棟勤務の場合、夜勤手当が年収の20%以上を占めるケースも珍しくありません。また、常勤看護師は社会保険などの福利厚生も完備されており、面倒な税金の手続きや計算を自分で行う必要もありません。一方で、バイト看護師には手当や福利厚生が全く無いこともあり、年収の低下や社会保険料の実質負担額の増加などの金銭的なデメリットがあります。

3.常勤看護師との人間関係に悩むケースもある

病院やクリニックでバイト看護師として働く場合、常勤看護師との人間関係に悩むことがあります。バイト看護師は常勤看護師のサポート的な仕事を担当することが多く、面倒な仕事を押し付けられたり、小言を言われたりといった人間関係のトラブルが発生することがあります。バイト看護師は、一般的に、常勤看護師ほど人間関係に悩むことは少ないものの、職場によっては人間関係の悪化によって働きづらさを感じてしまうことがありますので、職場の雰囲気を出来る限り事前に調べておくことが重要です。転職活動期間に余裕があれば自分の目で視察を行い、最低でも面接時に気になる点を質問して疑問や不安を解消しておくようにしましょう。

4.単調な仕事や部分的な仕事が多く、やりがいを感じられないことも

バイト看護師の仕事は、基本的な処置の繰り返しや書類の整理といった単調な作業や部分的な作業が多いため、常勤看護師の仕事と比較するとやりがいを感じることが難しいというデメリットがあります。特に、それまでバリバリ仕事をこなしていた看護師が、育児や介護などで致し方なくバイト看護師へ転職した際にこの悩みを抱えることが多いため、予め心構えをしておくことをお勧めします。

5.バイトの経験はキャリアとして評価されないこともある

将来的に常勤看護師へ復職を希望する方であれば、バイト看護師としての経験がキャリアとして評価されるかどうかという点は極めて重要なポイントです。病院やクリニックでバイトをする場合はあまり気にせず大丈夫ですが、例えばツアーナースや献血カーなど短期・単発のアルバイトを繰り返す場合は、キャリアとして評価されないことが多いため注意が必要です。常勤看護師へ復職するために一番大切なポイントは、看護師としての基本的なスキルや知識を維持しておくことです。

6.解雇されるリスクが常勤看護師よりも高い

一般的な企業のアルバイトと比較すれば、バイト看護師が解雇されるリスクは低いものの、常勤看護師と比較すれば解雇リスクは高いと言えます。よっぽどのことが無い限り解雇されることはありませんが、バイト看護師には、基本的な看護業務を一人でクリアすることができるスキルと知識、また、スケジュール通りに業務を進めるセルフコントロール力が求められますので、これらに問題があると解雇される可能性があります。よって、最低でも3年以上の常勤看護師の経験を積んだ後にバイト看護師へ転職をすることをお勧めします。

バイト看護師に転職するメリットはあるの?

バイト看護師に転職する最大のメリットは、勤務時間を自分でコントロールすることができることであり、仕事とプライベートのバランスを取ることができるということです。「残業や夜勤が多く毎日クタクタ…」「育児や介護と仕事の両立を目指したい」「プライベートな時間を大切にしたい」という方は、バイト看護師へ転職するメリットを感じることができるでしょう。

バイト看護師の仕事を賢く探そう!

バイト看護師の仕事内容や職場環境をよく知らずに転職してしまうと、転職前後のギャップに悩まされてしまうことがあるため、一般的な求人サイトではなく、看護師専門の転職サイトを利用することをお勧めします。看護師専門の転職サイトに登録しておくだけで、自分の条件にマッチした仕事の紹介を受けることができ、プロの転職コンサルタントに転職に関するあらゆる相談をすることができます。当サイトでは、特におすすめの看護師転職サイト・求人サイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

悩みや条件から看護師のバイト・派遣の仕事を探す